夏だ!耳に!刺激的!現代音楽の祭典「サントリーホール サマーフェスティバル」いよいよ開催(8/21~8/28)

2022年8月12日 金曜日 5:19 PM

オンラインプレイベントとして動画2本を公開中。伊沢拓司率いるQuizKnock(クイズノック)×サントリーホール 【本気】現代音楽クイズでガチ対決!/サマーフェス・ゼミ2022『クセナキスの解き方』

サントリーホールは、2022年8月21日(日)~8月28日(日)の期間に、「サントリーホール サマーフェスティバル 2022」を開催します。1987年の開催以来、音楽の“現在(いま)”を紹介する、東京の現代音楽の祭典として、最前線で活躍する世界各国の音楽家たちがサントリーホールに集まり、ユニークかつチャレンジ精神にあふれる音楽を発信しています。



サントリーホール サマーフェスティバル特集ページ (公演概要・最新情報)
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/feature/summer2022/

オンラインで楽しめるプレイベントとして、2つの動画をデジタルサントリーホールにて公開しました。クイズや数学に詳しい方、音楽のジャンルを超えて音響体験に興味のある方などにお勧めの2本です。
伊沢拓司率いるQuizKnock(クイズノック)×サントリーホール 初のコラボレーション動画となる『【本気】現代音楽クイズでガチ対決!』は、クイズを通じて現代音楽の見え方が「変わる」内容となっており早押し対決が見どころです。もうひとつは、作曲家クセナキスの生誕100周年を記念して、専門家の2名がクセナキスを徹底解剖する、サマーフェス・ゼミ2022『クセナキスの解き方』。クセナキスの人生、数学との関係、そして、今回公演で取り上げる2曲について、クセナキス分析の第一人者、今最も聞いておきたい野々村禎彦氏の解説に加え、日本の音響エンジニアの第一人者である有馬純寿氏が、論理的に明快に解説します。

■デジタルサントリーホール動画一覧はこちら

https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/dsh/streaming/

1. ザ・プロデューサー・シリーズ クラングフォルム・ウィーンがひらく


その年毎のプロデューサーが独自の視点で現代音楽を切り取り、作品を紹介するシリーズ。昨年に引き続き海外からのプロデューサーとして、クラシック音楽の中心ウィーンを拠点に音楽の「現在(いま)」を紹介し続ける現代音楽のスペシャリスト集団としてグローバルに活躍するクラングフォルム・ウィーン(KFW)を招聘します。生誕100年のメモリアルイヤーとなるクセナキスや武満徹などの音楽界の巨匠からイヴィチェヴィチや塚本瑛子などの旬の作曲家を取り上げ、多彩なプログラムで現代音楽の歴史と未来を紹介します。


ザ・プロデューサー・シリーズ
クラングフォルム・ウィーンがひらく

2022年8月22日(月) 19:00開演(18:20開場)大ホール
大アンサンブル・プログラム ― 時代の開拓者たち ―
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220822_M_3.html


2022年8月23日(火) 19:00開演(18:20開場)ブルーローズ(小ホール)
室内楽プログラム「ウィーンの現代音楽逍遥」(第1夜)-クラングフォルムのFamily Tree-
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220823_S_3.html

2022年8月25日(木) 19:00開演(18:20開場)ブルーローズ(小ホール)
室内楽プログラム「ウィーンの現代音楽逍遥」(第2夜)-ウィーンは常動する-
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220825_S_2.html

2022年8月26日(金) 19:00開演(18:20開場)大ホール
クセナキス100%(クセナキス生誕100周年プログラム)


https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220826_M_3.html

伊沢拓司率いるQuizKnock(クイズノック)× サントリーホール 【本気】現代音楽クイズでガチ対決!


【サマーフェス・ゼミ 2022】『クセナキスの解き方』~野々村禎彦&有馬純寿
(10のテーマごとのチャプターに分かれています)



2. テーマ作曲家 イザベル・ムンドリー サントリーホール国際作曲委嘱シリーズNo. 44

世界の第一線で活躍する作曲家に管弦楽作品を委嘱し多角的に紹介します。コロナ禍による2020年夏の来日予定から2年の時を経て、満を持してイザベル・ムンドリー(1963~ )が登場。作曲家として最先端を走ってきたムンドリーの作品を、管弦楽、室内楽それぞれのプログラムで紹介します。その他、若手作曲家の作品を公募しクリニックする作曲ワークショップは、ムンドリーの音楽との向き合い方を垣間見ることができる貴重な機会となります。

テーマ作曲家 イザベル・ムンドリー
サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ No. 44 (監修:細川俊夫)

2022年8月21日(日) 14:00開始(13:20開場)ブルーローズ(小ホール)
作曲ワークショップ(スコア公募方式による)
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220821_S_3.html

2022年8月24日(水) 19:00開演(18:20開場)ブルーローズ(小ホール)
室内楽ポートレート(室内楽作品集)

https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220824_S_3.html

2022年8月28日(日) 15:00開演(14:20開場)大ホール
オーケストラ・ポートレート (委嘱新作初演演奏会)
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220828_M_3.html



3. 第32回芥川也寸志サントリー作曲賞選考演奏会


前年(1月~12月)に国内外で初演された日本人新進作曲家の管弦楽作品から3曲を演奏会で再演。その中から、もっとも清新かつ将来性に富む作品1曲を公開で選考し贈賞します。選考委員の酒井健治、福士則夫、山根明季子による第一次選考を経て、大畑眞、根岸宏輔、波立裕矢の3作品がノミネートされています。第30回受賞者の小野田健太の委嘱作品の初演もあわせて行います。近年好評の聴衆による投票、SFA総選挙も実施します。また、候補作品演奏と選考会の様子は、有料のオンライン配信(ライブのみ)でもお楽しみいただけます。


2022年8月27日(土) 15:00開演(14:20開場)大ホール
第32回芥川也寸志サントリー作曲賞選考演奏会
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20220827_M_2.html




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内