SKYMAGICが“レッツゴー万博2025カウントダウン3 夢洲超花火”にて国内最大規模※1の800機が夜空を舞う関西初の壮大なドローンショーを披露

2022年9月27日 火曜日 7:17 PM

~日本初※2!45,000発の花火とドローンのコラボレーションで1万5千人の観客を魅了~

世界を舞台に自社開発のドローン自動制御技術を使った完全オリジナルなドローンショーをを提供するSKYMAGIC LIVE PTE. LTD. (本社:シンガポール 以下、SKYMAGIC)は、大阪・夢洲で2022年9月25日(日)に行われた“レッツゴー万博2025カウントダウン3 夢洲超花火”にて、国内イベントとしては最大規模※1となる800機のLED搭載ドローンが夜空を舞う関西初※3となる大規模な屋外ドローンショーを実施いたしました。



3年後に迫る大阪・関西万博の会場・夢洲にて、歴史的パンデミックを乗り越えて日本を元気にする未来に「希望」を繋げ、世界に向けて万博をアピールするため、9月25日(日)に“レッツゴー万博2025カウントダウン3 夢洲超花火”が開催されました。当日は、悪疫退散の願いもこめられた国内最大級となる45,000発の花火が打ち上げられ、日本初※2の花火とドローンショーのコラボレーションで、大阪・夢洲の会場の夜空を彩りました。

日本初、花火とのコラボレーション!800機のドローンが大阪の夜空を舞う
イベントでは、花火打ち上げに向けたショーが始まると、無数のドローンが上空に向けて続々と飛び立ち、眩い光を放ちながら一気に夜空を鮮やかに彩りました。自在に形と光を変えながら華麗に舞っていたかと思うと、高さ135メートル、横幅80メートルの大きさの大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」が登場。そして、夜空での巨大カウントダウンが始まり盛大に花火が打ち上がると、レッツゴー万博2025のロゴが大きく夜空に浮かび上り、花火とのドローンの壮大なコラボレーションに会場からは大きな歓声が沸き起こりました。



その後、怒涛に花火が打ち上がり会場のボルテージが高まる中、一瞬静かになった夜空に再び、一糸乱れぬ編隊を組んだドローンの大群が現れ、音楽に合わせて万博のテーマでもある”いのちの輝き’’をコンセプトに、日本の芸能文化や自然生物をはじめ大阪らしさ満載のモチーフなど多彩なパフォーマンスを次々に披露しました。ショーの途中では、突如、夜空に巨大なQRコードが出現し観客席からはどよめきが起きる場面も。思いがけないインタラクティブな仕掛けに多くの方がカメラを向けて夜空をスキャンし、サプライズな演出を楽しんでいました。
ショーのクライマックスでは、パンデミックを乗り越え、未来に向けて日本を元気に復活させよう!という強いメッセージを込めたフェニックス(不死鳥)が夢洲の夜空を羽ばたくという演出も。大阪の夜空を舞台に800機のドローンで実現した幻想的で壮大な近未来エンターテイメントショーは、打ち上げ花火とのコラボレーションでこれまでにない興奮と熱気の中で幕を閉じました。




※当日のショーの映像はこちらからご覧いただけます。
【ライブ配信】レッツゴー万博2025カウントダウン3~夢洲超花火~
https://youtu.be/phmvKM3g5xY?t=14312

本イベントの実行委員長の白濱良太氏は、「日本復活の狼煙をあげる。下を向いている世の中を上を向ける。さらには未来まで視点を向けてしまおう!という想いで、企画を進めました。パンデミックもありましたが、ドローンショーの演出にあった『不死鳥』のように、見ていただいた方が上を向き、新たな一歩を進めるキッカケになって欲しいと思います。」とコメントを寄せています。

※1.2.3 日本で開催された国内向けイベントにおけるドローンショーとして。自社調べ(2022年9月時点)

空間全体を総合演出するライブエンターテイメントショーを実現する最新テクノロジー
ライブでのドローンショーを強みとするSKYMAGICは、ドローン単体のショーだけではなく、今回のイベントでの花火のように、他の演出と連動し、音楽も含め、総合的にプラニングするエンターテイメントショーを強みとして提供しています。当日はLIVE配信も行われ、ドローンショーをドローンで空撮し、ダイナミックな映像をお届けしました。

SKYMAGICのクリエイティブエンジニア 太田章雄は「世界に誇る日本の花火師と組むことで、よりダイナミックかつ挑戦的な演出を実現し、シーンに合わせてこだわり抜いたオリジナル楽曲と共に、今までに見たことがない壮大なドローンと花火のコラボレーションショーになりました」とコメント。
またSKYMAGICのプロジェクトディレクター 植松瞳は、「今回は台風直撃や未開拓の土地でのショーという難易度の高い環境下であったものの、自社開発のシステムだからこそ、瞬時に環境に順応でき、安全を第一に、最高なショーをご提供できたと思います。来る大阪・関西万博のカウントダウンイベントとして、日本から世界に自信を持って発信できる近未来エンターテイメントショーになったかと思います。」と、コメントしています。


SKYMAGICが独自に開発する屋外ドローンは、RTKテクノロジー(リアルタイムキネマティック)を搭載しており、GPSよりもさらに精度の高い位置制御が可能なことから高精細なフォーメーションを空に描くことができます。また、ドローンの移動速度も独自のシステムにより最適化されることで、より早く、正確に変幻自在なフォーメーションを展開することが可能です。さらに、大きなLEDモジュールは1.5km以上先からでも見えるほどの光量を搭載するなど、最先端の技術とクリエイティブ力で世界でもトップレベルのドローンショーの提供を実現しています。


今後もSKYMAGICでは、ドローンの活用を通して世界を舞台に、そして日本でも多くの人に新たなエンターテインメントと感動体験を提供できるよう、技術とクリエイティブの向上に努めてまいります。

■SKYMAGICプロフィール
SKYMAGICは、完全自社開発のドローンの自動制御技術を活用し、屋外屋内を問わず、大規模なドローンショーを世界に提供するテックアートカンパニーです。2016年にシンガポールにて活動を開始、2017年にシンガポールをベースとして会社設立し、2018年にはイギリス支社を設立。ロボット、無人機、航空力学の研究を10年以上重ねてきたメンバーによってドローンの群制御のオートパイロットシステムを自社で開発しています。さらに特殊舞台演出を手がけるメンバーによって、コンセプト、ストリーボード、コレオグラフィーを手がけ、最先端の技術とクリエイティブの両方を兼ね備えるグローバルチームで、完全オリジナルなドローンショーを世界に提供し、これまでに15カ国30都市以上でショーを開催、総飛行時間は1万時間を超えています。直近では、2022年6月に開催された英エリザベス女王即位70周年式典「プラチナジュビリー」をはじめ、マレーシアでの「カルティエ」ストアオープン記念イベント、ドバイショッピングフェスティバルでの2ヶ月間の常設ショー、イタリア・ベニスの教会での屋内ショーなど、世界を舞台に活動しています。

公式サイト:https://skymagic.show/
Instagram: https://www.instagram.com/skymagicdroneshows/
Facebook: https://www.facebook.com/skymagicshow
Twitter: https://twitter.com/Skymagicdrones

【会社概要】
SKYMAGIC LIVE PTE. LTD (https://skymagic.show/)
本社所在地:22 New Industrial Road, #06-10 Singapore
設立   :2017年8月
共同創業者:植松 瞳
事業内容 :屋外屋内ドローンショー


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内