廃棄される花に新たな命を吹き込むアップサイクル企画 ロスフラワーインスタレーションイベント「継ぐ花」を開催

2022年11月24日 木曜日 3:47 PM

~ロックバンド「ACIDMAN」が開催する「“SAI”2022」と連携した環境課題への取り組み~


東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志 以下、「東急不動産」)は、UMIDASU株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:猪股 克介)とともに、ロスフラワーを用いたインスタレーションイベント「継ぐ花」を、2022年11月29日(火)に東急プラザ渋谷の正面エントランスにて開催します。本イベントでは、ロックバンド「ACIDMAN」が結成25周年イヤーの集大成として主催する、2022年11月26日(土)、27日(日)に開催されるロックフェス「ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI" 2022」の会場を彩る祝い花を使用します。また、11月30日(水)に、インスタレーションに使用した花を来場者に配布し、花を最後まで楽しんでいただきます。

本イベントでは、ライブ会場を彩る祝い花を回収し、ACIDMANの世界観とも共通する「巡る・生命のリレー」をテーマとした、ロスフラワーインスタレーションイベントを期間限定で開催します。廃棄予定の花を使用し、多くの祝福の気持ちを新たなカタチで構築し直すことで、渋谷に訪れる人々の「小さな幸せ」と「ロスフラワーへの関心」に繋げていきたいという想いから企画しました。本イベントを通じて、東急不動産ホールディングスグループが目指す、サステナブルな環境づくりを推進します。


■ 廃棄される花に新たな命を吹き込むアップサイクル企画
ロスフラワーとは、美しく咲いている状態ながら、規格外という理由で廃棄される生花や、日々、イベント会場や式場などで飾りとして用いられ、その役目を終えた花が捨てられることを指します。このロスフラワーが昨今問題となっています。

本企画は、ロスフラワーに新たな命を吹き込むアップサイクルの取り組みです。世界でも有数のカルチャーを生み出してきた渋谷という街を舞台とし、廃棄される花に新たな命を吹き込むことで、花に込められた祝いの「想い」をアーティストによって新たなカタチで繋ぐサステナブルなコミュニケーション活動です。

■ 開催概要
イベント名称:継ぐ花
開催時期:
2022年11月29日(火) インスタレーション展示
2022年11月30日(水)11時~ 花の配布 数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
開催場所:東急プラザ渋谷 正面エントランス
入場料:無料

■ロックバンド「ACIDMAN」コメント
僕は職業柄、ライブの度にお花を頂くことが多いです。
いくつかは家に持ち帰らせてもらっていますが、残ったお花は廃棄されてしまうので、以前からとても勿体無いと感じていました。

今回、僕達主催のフェス「“SAI” 2022」での祝い花をリユースし新たなお花の魅力を伝えるというこのプロジェクトのお話を頂き、とても美しいものを感じました。

一瞬の儚さ故の美しさを、最後まで感じて頂けます様に。

大木伸夫(ACIDMAN)

ACIDMANプロフィール
大木伸夫(Vo&G)、佐藤雅俊(B)、浦山一悟 (Dr)からなる“生命”“宇宙”をテーマにした壮大な詩世界、様々なジャンルの音楽を取り込み、“静”と“動”を行き来する幅広いサウンドで3ピースの可能性を広げ続けるロックバンド。


2002年アルバム『創』でメジャーデビューを果たし、以降、数々のロックフェスの大トリを務める。2017年には結成20周年の集大成として故郷埼玉県、さいたまスーパーアリーナにて初の主催ロックフェスである「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」を開催し、チケットは数分でソールドアウト。

現在までに12枚のオリジナルアルバムを発表、6度の日本武道館ライブを開催し成功を収めている。

Vo&Gの大木は、薬剤師の資格を持ち、所属事務所の代表も務める。幼少期より宇宙への関心が高く、その知識や、宇宙視点からの思想などを反映した唯一無二の世界観を作り出している。

2022年11月26日(土)、27日(日)に、25周年イヤーの集大成として、5年ぶりに「SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI" 2022」を開催する。

オフィシャルサイト http://acidman.jp/
Twitter https://twitter.com/ACIDMAN_staff
Instagram https://www.instagram.com/acidman_official/

■フラワーアーティスト 宇田陽子(logi plants&flowers)コメント
使用した花材から釉薬を作り、器に生まれ変わらせるプロジェクト、life is. としてこれまでも取り組んできました。

今回のプロジェクトはライブ会場で一緒に音楽を聞き 会場を彩ってくれたお祝い花や演出で使用した花材を回収し、リデザインすることで 新たな命を吹き込むことができ、さらには、インスタレーションで表現したACIDMANの世界観にも共明する『巡る 生命のリレー』の担い手になれる事を嬉しく思います。
喜びの連鎖反応を楽しみにしています。

宇田陽子 プロフィール
2004年に独立し、フラワーコーディネーターとして活動。2006年西麻布にconcept shop『plans&flowers』をOPEN、その後2009年表参道に『logi plans&flowers』をOPEN。2014年、生花が放つ、その時、その瞬間の美しさをずっと見つめていたい!という思いから、ART WORK として新たなブランド『PAVILION!』が誕生。

"ココロニノコルハナ"をコンセプトに花そのものの強さと、時にはその毒々しさもストレートに表現するクリエイターとして、空間ディスプレイ、広告撮影、CMなどの装花を幅広く手掛けている。

HP https://logi-plantsandflowers.katalok.ooo/ja
Instagram https://www.instagram.com/logiplantsandflowers/
Instagram https://instagram.com/udayoko

■「継ぐ花」プロデューサー 猪股克介(UMIDASU株式会社)コメント
ライブを観に行く度に、会場を彩る花が、終演後すぐに廃棄される現状をもの悲しく感じてました。
今回のインスタレーションで使用する花は、ライブ会場を彩る祝い花になります。
その花には、それを送った方々の「大切な想い」が込められています。
その「想い」を「つなぐ」ことは、街づくりにも共通していると思います。

渋谷の街をつくる東急不動産と共に、急速に発展をしている渋谷の変わりゆく街の中で、決して変わる事のない「それぞれの大切な想い」を新たなカタチでつなぎ、また明日への活力になってもらえる様なインスタレーションになればと思っております。

猪股克介 プロフィール
ファッション・アート・音楽を軸とした、メーカー目線のクリエイティブに特化し、メディアにとらわれない統合型キャンペーンやブランディングをプロデュースする『UMIDASU 株式会社』の代表取締役クリエイティブ・ディレクター。

Instagram https://www.instagram.com/katsusukeino/


■ 長期ビジョン「GROUP VISION 2030」で目指す、「環境経営」と「DX」の取り組み
東急不動産ホールディングスは、2021 年に長期ビジョンを発表しました。「WE ARE GREEN」をスローガンに、誰もが自分らしく、いきいきと輝ける未来を実現し、価値を創造し続ける企業グループをめざします。

また、今年 5 月には長期ビジョンに基づき「中期経営計画 2025」を策定、「環境経営」「DX」を通じた独自性のある価値創出を図ってまいります。

≪貢献するSDGs≫

東急不動産ホールディングス「GROUP VISION 2030」について
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/group-vision-2030/
東急不動産ホールディングス「中期経営計画2025」について
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/ir/mgtpolicy/mid-term-plan/

■施設概要
東急プラザ渋谷
所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目2-3 渋谷フクラス内
店舗数:約70店舗
営業時間:
物販・サービス店舗 11:00~20:00
飲食店舗 11:00~23:00
※一部店舗により異なる
※最新の営業時間は施設公式HPをご覧ください

HP https://shibuya.tokyu-plaza.com/
アクセス:JR各線 渋谷駅西口連絡通路「渋谷フクラス歩行者デッキ」直結

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内