鳥飼八幡宮本殿遷座祭開催のお知らせ

2022年12月5日 月曜日 7:47 PM

205年ぶりの大遷宮を一般公開します

鳥飼八幡宮では205年ぶりに社殿を総建替する大遷宮を行いました。12月18日(日)18:00より、御神体を仮本殿から新しい本殿にお遷しする本殿遷座祭を行います。 本来、御神体は一部の方しか参列できない隠されたお祭りですが、一般の方にも見学できるように公開いたします。オンライン中継も行う予定で、お祭りの後はお酒の振る舞いをいたします。 当宮において、本殿遷座祭は100年以上行われていないお祭りです。 茅葺壁の拝殿や、神明造の本殿などのお披露目となります。


仮遷座祭の様子
鳥飼八幡宮では、隠されたお祭り「本殿遷座祭」を公開!

お神さまのご引越しを意味する「遷宮」において、最も重要な神事の一つが、本殿遷座祭です。神社建築(本殿や拝殿)の建て替えで別のお宮にお移りいただいていたお神さま(御神体)を新しい本殿に遷っていただく際の神事です。
仮遷座祭の様子(2)
鳥飼八幡宮では、旧本殿取り壊しに伴い、令和4年3月1日に仮遷座祭(仮本殿に御神体をお遷しする祭)を執り行いました。

御神体は本殿から出ることはなく、ほとんど目にすることがない(できない)畏れ多いものです。人目をはばかりながら、厳粛に執り行う本殿遷座祭は関係者のみが参列が許される隠された祭りです。

また当宮としても記録が残っている限り、昭和・大正時代は遷座祭を行なっておらず、明治時代、江戸時代後期以来、120~205年ぶりの祭礼となっております。

本殿遷座祭一般見学とオンライン中継

神社のお祭りは基本、明るい日中に行われますが、本遷座祭は夜間、暗闇の中で行われます。暗がりの中、御神体を唐櫃(からひつ=箱)におさめ、さらに絹垣(きぬがき=白幕)でおおって、厳かな雰囲気の中進む遷御の行列は、よく見えないながら、厳粛な空気をみなさまに感じていただけます。

この度は奉賛会の方、神社の役員の方だけでなく、広く一般の方も見学していただくこととなりました。オンラインでの中継も行う予定です。
新拝殿は茅葺壁(建設途中)

神社や神道、日本人の精神についての理解を広めたいという考えのもとでの公開です。何よりも多くの方と、新しい神殿の完成を悦びたいのです。

神道の儀式として、希少な光景です。

当日のご取材と報道をご検討いただければ幸いです。






鳥飼八幡宮本殿遷座祭概略

【日 時】 祭礼 令和4年12月18日(日) 18:00~19:00
鏡開き 19:30~
      直会             19:45

【会 場】 本殿遷座祭 鳥飼八幡宮 光宮(ひかりのみや)・新拝殿
直 会 鳥飼八幡宮 参集殿


【次 第】 17:45 参列者着座(新拝殿・テント)
17:50 祭員(神職)が準備等を行う
18:00 開式
18:15~18:30 遷御の儀(仮本殿から新本殿へ遷す儀式)
      18:35 新拝殿での祭礼
  18:45 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
19:00 祭礼終了後・樽酒鏡開き
19:45ごろ 参集殿にて直会(21時ごろ閉会予定
    ※タイムスケジュールは変更となる場合がございます。

宗教法人鳥飼八幡宮 広報担当:高野・中村
メールアドレス:info@hachimansama.jp FAX:092-741-7823

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内