中小機構中国本部 ハンズオン支援事業大会を開催「会社の未来を考える ~事業を『誰か』に引き継ぐ前に~」

2023年1月6日 金曜日 11:47 AM


中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)中国本部は、「ハンズオン支援事業」を活用いただいた事業者から成果事例等を発表する「ハンズオン支援事業大会」を2023年2月9日(木曜)に会場とオンラインにて同時開催いたします。

第16回目の開催となる本大会は「事業承継」をテーマといたしました。

中小企業の経営者の平均年齢は上昇を続けており、1990年代初頭には50代前半でしたが、2020年の時点ですでに60歳を超えています。いつか訪れる代替わりの日に向けて、経営者として、会社として、様々な準備が必要であることを理解しつつも、「何から始めたらよいかよくわからない」、「具体的な準備が進まない」とお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

本大会は、そのようなお悩みを解決するため、承継までのヒントとなるような3つのプログラムをご用意しました。

第一部の基調講演では、株式会社吉村の代表取締役社長である橋本 久美子 氏をお招きし、事業承継を機に新事業展開を成功させた経営革新、その秘訣をお話しいただきます。

第二部の成果事例発表では、株式会社ナカサの代表取締役社長である細田 成年 氏にご登壇いただきます。中小機構のハンズオン支援事業(専門家派遣事業)の活用を通じて「現場の景色が変わり、人が代わり、企業が変わる」こと、そしてそれが承継の際にどのように生かされたかをお伝えします。

第三部のパネルディスカッションでは、ハンズオン支援事業を活用され、中小企業応援士としても活動いただいている4名の経営者の方にパネラーとして参加いただきます。事業承継に際して苦労した点や重視したこと、ハンズオン支援事業や支援機関・金融機関のサポートをどのように活用されたのかを、先代と後継者のそれぞれの視点からお答えします。

承継に向けた取り組みについて検討されている中小企業経営者や後継者の皆様はもちろん、支援機関、金融機関の皆様にも役立つ内容です。

■開催概要
実施日時:2023年2月9日(木曜)14時00分~17時00分(予定)
実施方法:(1)来場参加 (2)Zoomによるオンライン参加
定員:(1)来場 100名 (2)オンライン(Zoom)300名
実施場所:広島コンベンションホール メインホール 2A(広島県広島市東区二葉の里3丁目5番4号 広テレビル)

発表者:
(1)基調講演
株式会社吉村 代表取締役社長 橋本 久美子 氏
(2)ハンズオン成果事例発表
株式会社ナカサ 代表取締役社長 細田 成年 氏
(3)中小企業応援士によるパネルディスカッション
株式会社カワトT.P.C. 代表取締役 川戸 俊彦 氏
株式会社ナカサ 取締役会長 大場 信康 氏
株式会社中原製作所 取締役会長 中原 健一 氏
株式会社吉谷機械製作所 取締役社長 吉谷 勇一郎 氏

対象者:中小企業経営者・経営幹部の皆様、支援機関や金融機関の方々など
参加費:無料
詳細:下記をご確認のうえ、ページ内の申込フォームよりお申し込みください。
https://www.smrj.go.jp/regional_hq/chugoku/event/2022/mpjnpl0000001k7t.html

<中小企業応援士制度>
中小機構では、令和元年度より中小企業・小規模事業者の活躍および地域の発展に顕著な功労のあった各地の経営者の皆様や地域支援機関の方々に対して「中小企業応援士」を委嘱しています。中小機構や他の地域の中小企業支援機関と地域経済の発展と中小企業・小規模事業者の活躍を目指すこととしています。
令和4年度現在、全国232名の方に「中小企業応援士」として活動いただいています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内