3331 Arts Chiyoda 特別企画展 「3331によって、アートは『    』に変化した」開催

2023年1月11日 水曜日 8:47 AM

2023年3月31日をもって閉館する3331 Arts Chiyoda 地域に開かれたアートセンターとして12年間活動を続けてきた3331とは一体何だったのか 膨大な資料から読み解く最後の大型企画展




この度3331 Arts Chiyodaでは、特別企画展「3331によって、アートは『     』に変化した」を開催いたします。
3331 Arts Chiyodaは、地域に開かれたオルタナティブなアートセンターとして2010年に開館し、2023年3月31日をもって一旦その役割を終えます。新たな時代の文化施設として社会状況に即しながらも、千代田区の文化発信拠点のひとつとして3331 Arts Chiyodaは地域や日常生活・文化芸術分野の中でどのような役割を担っていったのか。本展は、3331 Arts Chiyodaの12年間の活動を振り返るとともに、アートから逸脱し、街に開き、成長を続けてきた当館の多様な活動を浮き彫りにする試みとなります。
開館後まもなくして2011年に東日本大震災が発災し、閉館を迎えようとしている2023年の現在はコロナ禍の只中という数奇な12年間でもありました。そんな中だからこそ、日々の暮らしの中に宿る文化の場として、特別な表現の場として、多くの人々と関わり続けてきました。
3331 Arts Chiyodaの活動を言葉にできるのは、長きにわたり活動を支援してくださった地域・千代田区の皆様や利用者の皆様、そして当館に一度でも足を運んでくださった皆様方です。これまでの感謝の気持ちを込めて、本展タイトルにある『    』の部分には、皆様方が思う言葉を入れていただければと思います。展示室内には、それらの言葉を掲示できる壁面をご用意いたします。ぜひともご来場いただき、ご自身の手で展示を完成していただければ幸いです。また、開催期間中は、美術作品のシークレット・オークションや、館内を巡る各種ツアー、町歩き、そしてライブパフォーマンスなど、余すことなく3331 Arts Chiyodaの魅力を味わえる多彩な関連イベントを実施いたします。どうぞご高覧くださいますようお願い申し上げます。

≫詳しくはこちらのプレスリリースよりご確認ください:https://www.3331.jp/news/file/3331_PR_230110.pdf


開催概要
□展覧会名 : 3331 Arts Chiyoda 特別企画展「3331によって、アートは『    』に変化した」
□会  期 : 2023年1月15日(日)~ 2月5日(日)※会期中無休
  [オープニングレセプション]1月15日(日)17:30~19:00
※どなたでもご参加いただけます。ぜひご来場ください。
□時  間 : 12:00 - 19:00  ※最終入場は閉場30分前
□料  金 : 無料 ※入口でドネーションも受け付けております
□会  場 : 3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー
□後  援 : 千代田区、一般社団法人千代田区観光協会
□主  催 : 3331 Arts Chiyoda

<展覧会名について(主催者より)>
本展タイトルの「    」は全角スペース4文字分の空白となります。ご自身の言葉で「」内を埋めていただきたいとの思いから名付けました。


展示概要
●3331クロニクル (3331の活動を記した年表や広報物を展示するエリア)
●地域と3331 (3331が取り組んで来た地域活動の一部をご紹介するエリア)
●3331 Galleries ART SHOW (3331に入居する現代美術のギャラリーがグループショーを行うエリア)
[参加ギャラリー]アキバタマビ21、上野アートヴィレッジ、ARTDYNE、CfSHE Gallery、ex-chamber museum、Gallery IRRITUM Tokyo、myheirloom、sagacho archives)
●3331シークレット・オークション (作品ごとに決められたスタート価格から始まり、来場者が紙面に購入希望額を記入して箱に入れる秘匿性の高いオークション方式です。展示最終日の2月5日(日)に開票し、最も高額な金額を記入した方が落札者となります)
[参加予定作家] 池田晶紀、岩間 賢、O JUN、遠藤一郎、片岡純也+岩竹理恵、片山真理、加藤チャコ、金子未弥、木村博行、栗原良彰、佐々木浩一、佐々木耕成、佐藤直樹、宍戸遊美、SEMBL、椿昇、津村耕佑、中村政人、西村雄輔、日比野克彦、藤 浩志、堀 浩哉、ミルク倉庫+ココナッツ
●3331のこれから (3331のこれからの活動をプレゼンテーションするエリア)
●3331ドキュメント映像上映 (本展に合わせて新たに制作された3331のドキュメント映像を上映します)



関連イベント ※社会状況を鑑みてイベントの実施方法が変更となる場合もございます。最新情報はHPよりご確認ください。
1.オープニングレセプション *申込不要
どなたでもご参加頂けます。17時45分頃より統括ディレクター中村政人の挨拶がございます。  
■日時:1月15日(日)17時30分~19時00分
■会場:3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース

2.パフォーマンス「巻上公一ソロライブ」*要予約
ヒカシューのリーダーであり、音楽家、詩人、プロデューサーの巻上公一氏によるソロライブを実施します。旧中学校の元職員室を改装した1Fコミュニティスペースで繰り広げられる巻上ワールドをぜひご堪能ください。
■日時:1月22日(日)15時~16時10分(14時30分 開場)
■会場:1F コミュニティスペース
■料金:2,500円 ※座席指定なし
■お申込み(peatix): https://peatix.com/event/3463884/

3.まち歩き「たてやま西平とめぐる3331まち歩き ~御徒町、湯島天神、神田明神、秋葉原を巡って~」 *要予約
3331の周囲には豊かな文化資源が沢山あります。神田のプロフェッショナルたてやま西平さんのガイドで、町の歴史やエピソードを交えながら、時代を行ったり来たり時空散歩にご案内します。
■日時:1月29日(日)14時~16時
■料金:2,000円(イベント保険料含む)
■お申込み(peatix): https://3331event-work.peatix.com ※近日予約開始

4.ギャラリートーク *申込不要
本展企画担当スタッフによるギャラリートークです。お気軽にご参加ください。
■日時:1月15日(日)16時~17時
■集合場所:1F メインギャラリー入口付近

5.3331館内ツアー[2回開催] *申込不要
3331スタッフと共に館内をめぐるツアーです。改装前の写真と現在の様子を見比べながら、3331の館内をご案内します。1月22日(日)は、統括ディレクターの中村政人が案内する予定です。お気軽にご参加ください。
■日時:(1)1月22日(日)13時~14時(案内人:統括ディレクター中村政人)(2)1月28日(土)14時~15時
■集合場所:1F メインギャラリー入口付近

6.3331バックヤードツアー[2回開催] *申込不要
展示室のバックヤードや倉庫など、3331の裏側をスタッフが案内いたします。日頃入ることができない場所にもご案内しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
■日時:(1)1月21日(土)18時30分~19時30分 (2)2月3日(金) 18時30分~19時30分
■集合場所:1F メインギャラリー入口付近

7.ワークショップ「3331こども芸術学校 ~色と絵の具と手足を使った3331ぐちゃぐちゃ絵の具遊び」*要予約
2016年から毎年開催されてきた「3331こども芸術学校」のスピンオフ。寒い冬だけど、裸足と素手で色と絵の具に戯れてみよう。握ってみる、なでてみる、こすってみる、叩いてみる。いろんな方法で、いろんな感触を味わって、どんな表現と出会えるだろう。子どもたちのエネルギーを受け止める絵の具遊びです。
■日時:2月4日(土) 14時~15時30分
■会場:1F メインギャラリー内 ギャラリーB
■料金:1,000円(材料代)
■お申込み(peatix): https://3331kidsworkshop2023.peatix.com ※近日予約開始

8.トークイベント「3331によって、アートは『    』に変化した」*要予約
「3331によって、アートは『    』に変化した」というテーマで、様々な領域で活動する複数の登壇者が第三者的な視点で発表をするプレゼン型のトークイベントです。各発表を受け、専門家や3331関係者らで構成されるレスポンデントが登壇者と対話・議論をし、3331 Arts Chiyodaの活動を浮き彫りにする試みです。登壇者の詳細などは、ウェブサイトやSNS等で公開して参ります。ぜひご高覧ください。 ※ライブ配信予定。アーカイブ公開未定。
■日時:2月5日(日) 15時~17時
■会場:1F メインギャラリー内 ギャラリーB
■料金:無料
■定員:30名(会場観覧)
■お申込み(peatix):近日公開予定

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内