「Palette Project」2022年の集大成!2nd ワンマンライブ「Crossing for the Rainbow」公式ライブレポートを公開!

2023年1月11日 水曜日 9:47 PM

ファンと駆け抜けた1年を締めくくるライブをレポート!アーカイブチケット( https://bit.ly/3X24VBX )(※1月15日23:59まで) も販売中!

株式会社Brave group(本社:東京都港区、代表取締役:野口圭登、読み:ブレイブグループ、以下「Brave group」)の子会社である「Palette Project(パレットプロジェクト)」等を運営するMateReal株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:星 崇祥、読み:マテリアル、以下「MateReal」)は、同社が運営する「Palette Project」が昨年末に実施したライブイベント「Crossing for the Rainbow(クロッシング フォー ザ レインボー)」の公式ライブレポートを公開いたしました。



公式ライブレポート



12月30日(金)Palette Projectが2nd ワンマンライブ「Crossing for the Rainbow」をベルサール新宿住友ホールで開催した。2022年を締めくくる年末に、シャッフルユニットから初披露の全体曲まで、様々なサプライズも展開された2回目の全体ライブレポートをお届けする。


ライブが始まると、会場全体にアッパーチューンが突如鳴り響く。ライブ初披露の全体曲「カラフル☆パンチライン」と共に、飛び上がるように8人が登場。アイドルらしいリズムの緩急と色とりどりのワードが大画面に映し出され、負けじと8人がそれぞれの個性を活かして躍動する。ステージ上、8人という大所帯であっても、息のあったパフォーマンスは圧巻だった。本格的な振り付けや映像面のクオリティの高さはもちろんだが、有観客の生ライブという舞台に置いて、堂々としたパフォーマンスが開幕から感じられることの凄さに衝撃を覚えた。複雑なパート分けも難なく歌いこなし、キビキビとした動きから、コミカルな表現まで、アイドルらしさが開幕1曲目にとことん詰め込まれていた。声出し解禁ライブでこそ発揮できるような楽曲の作りになっていて、1曲目にも関わらず、オーディエンスの合いの手が飛び交う姿が見られた。


自己紹介を軽く挟んで、2曲目の全体曲「夏ゆきトキメキHigh Tension!」を披露。青をベースとしたレーザーが暴れ回るように会場を彩っていき、世界観のみならず会場全体が夏模様へと変貌する。「カラフル☆パンチライン」に続き、アッパーな楽曲ではあるものの、メロディアスなパートとのギャップがとにかく心地いい。さらに、Palette Project全体の歌唱力の高さがひしひしと伝わるのもこの楽曲の良さだろう。サビ部分で起こるユニゾンが、キャッチーなメロディに重みを加わえていく。全体曲では、個性の強いメンバーが集結しているものの、誰も孤立することなく、個性を活かして自分らの役割をこなしていくチームワークも魅力だ。最初から100%を出していくという姿勢が、開幕全体曲から感じることができた。



開幕の全体曲でスタートを切ったあとは、各ユニットのパフォーマンスが展開された。最初に登場したのは王道アイドル系ユニットのAltimate!!。最初に披露した「願い星」では、流れ星がスクリーンに映し出され、七海ロナ、藤宮コトハ、神菜コハネの3人が愛くるしくキャッチーなメロディを歌い上げる。そのまま2曲目、Altimate!!初のオリジナル楽曲である「Re:Myself」を披露。アイドルらしい王道路線のポップスから、「Re:Myself」のようなダンスミュージックまで幅広い楽曲が特徴的なユニットだが、楽曲の変化に合わせて、パフォーマンスの切り替えが見ていて楽しい。最後は「Dramatic Parade」を可憐に歌い上げる。腕を大きく振り上げ、息のあった振り付けも特徴で、聞いていてとにかく元気をもらえるようなナンバー。オーディエンスのサイリウムが激しく上下に揺れ、合わせて大きな声援がコンスタントに鳴り響いた。



「Demon Drivers」でライブの色を一気に変貌させたのは、メタル系ユニットのREGALILIAの2人。楽曲の雰囲気だけではなく、パフォーマンス面でもメタルユニットらしい格好良さが抜群に発揮されていた。各ユニットの中で、1番全体曲からかけ離れた楽曲を歌い上げているのがREGALILIA。激しいパフォーマンスの印象が強いが、器用だからこそ実現できているユニットだろう。江波キョウカと鬼多見アユムの声色のギャップが魅力的で、続いて披露した「Close to You」では、2人のユニゾンが特に光った。ユニゾンに触発されるように会場全体も一体感がより一層強まっていくのがわかる。「Close to You」は、REGALILIAの楽曲の中でもポップな要素が強いが、振り付けやサビの掛け合いでは、REGALILIAらしい格好良さと可憐さが上手くミックスされている。そして最後には「エンリの花」を披露。複雑な掛け合いを器用に力強く歌いこなしていく姿が印象的で、最後までエッジの効いたパフォーマンスを見せてくれた。




Sputripの出番の前にサプライズシャッフルユニットのパフォーマンスが行われた。まずは、藤宮コトハ、神菜コハネ、江波キョウカの3人ユニットがSputripの「Citylight Fantasy」を可憐に歌い上げる。続いて、七海ロナと香鳴ハノンの2人がREGALILIAの「創造」を披露。最後は、鬼多見アユム、暁月クララ、常磐カナメがAltimate!!の「ストロボフラワー」を歌い上げた。アイドルライブの真骨頂とも言えるシャッフルユニットだが、バーチャルシーンのライブではなかなか見ることができない演出だろう。メンバーの関係性や楽曲のバリエーション、色んな要素が噛み合って実現できるシャッフルユニットを目の前に、オーディエンスの熱気がまた一段と高まるのがわかった。各ユニットが全く違うジャンルをやっているのもあって、見応えがあるだけではなく、メンバーのジャンルとの親和性とそれに伴ったパフォーマンスのアプローチなど、新たな発見も見つけることができるというファンにとってはたまらないコンテンツだろう。



最後のユニットであるSputripが登場。常磐カナメ、暁月クララ、香鳴ハノンの3人が80'sを彷彿とさせる衣装と振り付けで現代に落とし込んだシティポップを披露した。1曲目「Starry☆Melody」では、3人が縦横無尽に交差しながらパフォーマンスを披露。ピアノの旋律と愛くるしい振り付けの組み合わせがとにかく心地良い。そして常磐カナメの透明感ある歌声から始まる「with your JOURNEY」を続けて披露。癖になるリズム感と、3人の歌声がしっかり強調された「with your JOURNEY」は、曲の雰囲気に一心不乱に染まるような3人の上品なパフォーマンスを見ることができる。単にシティポップとはいっても、それをアイドルのパフォーマンスとして落とし込むことはそう簡単ではないだろう。それでもパフォーマンスする本人たちが1番楽しんでいる姿が印象的だった。最後は「光の惑星」を披露。楽曲の雰囲気に相反して、ダイナミックな振り付けが特徴的なナンバーだ。サビに向けて徐々に盛り上がっていくワクワク感と、サビの高音のメロディにオーディエンスの高揚感も止まらない。


そしてここからは怒涛の全体曲でライブ終了まで走り続ける。「アナログハート」「君と歌いたい歌がある」の2曲を続けて披露。今やバーチャルシーンではアンセムとして語られる「アナログハート」を8人で歌い上げる光景は圧巻。グループとしてのストーリー性とメッセージ性、そして煌びやかな歌声が呼応する「君と歌いたい歌がある」。声出し可能公演だからこそ実現できたオーディエンスとの大合唱が行われ、ライブの醍醐味である歌を通じた一体感を感じることができた。この時点ですでに大ボリュームな内容ではあるものの、オーディエンスの熱気は止むことがなく、すぐさま「アンコール!」の歓声が会場中に鳴り響いた。それに応えるように早いタイミングで再び8人がステージに登場。アンコール1曲目、Palette Project最初のオリジナル曲「君がいるから」が披露された。8人がしっとりとしたメロディを丁寧に丁寧に歌い上げ、メローなテンポの中でも力強い振り付けが印象的だった。



最後のMC、「パレプロには『君』の出てくる歌がたくさんあります。それは、君と一緒に今までもこれからも一緒に歩んでいきたいからです。」という暁月クララの言葉が強く胸に残った。近年、音楽業界全体が満足いくライブや活動すらもできない状況が続いていた中で、2nd ワンマンライブを有観客で実現できることの嬉しさや尊さ、色んな感情がこの言葉から感じることができた。数々の壁に阻まれながらもこうやってステージでパフォーマンスができることの幸福感は計り知れない。和気藹々と進行してきたワンマンライブも、しっかりと伝えたいことを言葉で表現した貴重な時間だった。そして本当に最後の曲「ドリームインブルーム!」を披露。各ユニットの楽曲のみならず、全体曲の多さもPalette Projectの魅力だろう。楽曲が増えていく中でも惜しみなくファンを納得させるパフォーマンスが遺憾無く発揮されていた。MCでしっとりした雰囲気を吹き飛ばすように「ドリームインブルーム!」の力強く元気溢れる8人のパフォーマンスがダイナミックに披露されていた。
(本文:森山ド・ロ)

■ライブ情報
アーカイブチケット(1月15日23:59まで発売中)
http://palette-project.zaiko.io/item/352476
ライブ公式HP
https://crossingfortherainbow.matereal.jp/

■「Crossing for the Rainbow」セットリスト
M1.カラフル☆パンチライン
M2.夏ゆきトキメキHigh Tension!
M3.願い星
M4.Re:Myself
M5.Dramatic Parade
M6.Demon Drivers
M7.Close to You
M8.エンリの花
M9.Citylight Fantasy
M10.創造
M11.ストロボフラワー
M12.Starry☆Melody
M13.with your JOURNEY
M14.光の惑星
M15.アナログハート
M16.君と歌いたい歌がある
M17.君がいるから
M18.ドリームインブルーム


「Palette Project」について

「バーチャルをもっと“リアル“で色とりどりに」をテーマに活動する8人組バーチャルアイドルユニットです。メンバーは「Palette Project」内の王道アイドル系の「Altimate!!」、メタル系の「REGALILIA」、シティポップ系の「Sputrip」という3つのユニットとしてもそれぞれ活動しています。

<関連リンク>
Official Site:https://matereal.jp/
Twitter:https://twitter.com/PaletteProject_
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC_cCW1xmXwRFp1tX-RD2X1Q


会社概要

MateReal株式会社概要
・会社名:MateReal株式会社
・設立:2018年5月
・代表者名:代表取締役 星崇祥
・所在地:東京都港区
・事業内容:バーチャルキャラクター開発運営・プロモート事業

株式会社Brave group概要
・会社名:株式会社Brave group
・設立:2017年10月11日
・資本金:1,878,013,651円(資本剰余金含む)
・代表者名:代表取締役 野口圭登
・所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦2-17-9 大友ビル2F-C
・事業内容:メタバース領域における
      1.IP事業
      2.Platform事業
      3.Incubation事業
・URL:https://bravegroup.co.jp/
・グループ会社
  株式会社バーチャルエンターテイメント
   https://virtual-entertainment.co.jp/
  MateReal株式会社
   https://matereal.biz/
  株式会社クリエイトリング
   http://aogiri-hs.com/
  株式会社MetaLab
   https://metalab.co.jp/
  And Epoch株式会社
  SuperYellow株式会社
  株式会社Game & Co.
・関連会社
  MetaBash Inc.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内