SDGs達成に貢献する「ボランティア・プロボノセミナー」[1月25日開催]

2023年1月11日 水曜日 9:17 PM

~ボランティア・プロボノに先進的に取り組む企業3社のパネルディスカッション~

一般財団法人日本民間公益活動連携機構(所在地:東京都千代田区、理事長:二宮 雅也、英文名: Japan Network for Public Interest Activities、略称:JANPIA)は、一般社団法人日本経済団体連合会(以下、経団連)後援のもと、2023年1月25日(水)に「SDGs達成に貢献する ボランティア・プロボノセミナー」を初開催します。ボランティア・プロボノに取り組まれている企業の活動にご関心のある報道関係者の皆さまにおかれましては、ぜひご取材のご検討をいただけますよう、お願い申し上げます。


JANPIAでは、休眠預金を活用して社会課題を解決する団体と企業との連携を推進しています。その一環として、今回経団連後援のもと、企業の方を対象としたボランティア・プロボノセミナーを開催します。本セミナーではボランティア・プロボノに先進的に取り組む企業3社と、ボランティア・プロボノを推進するために必要な体制整備や導入のポイント、活動のメリットを中心にパネルディスカッションを実施します。


【開催概要】
■ 日時:2023年1月25日(水) 14:00-16:00
■ 開催形式:会場参加とオンライン参加の併用によるハイブリッド形式
≪会場参加≫ 会場:日比谷国際ビルコンファレンススクエア8階8C会議(https://hibikoku.tokyo/access/)
≪オンライン参加≫ Zoomウェビナー
■ 主な対象者:企業のCSR/CSV/サステナビリティ推進担当者、企業の人事/人材育成担当者、
ボランティア・プロボノに関心のある企業関係者
■ 定員:会場30名、オンライン300名
■ 参加費:無料
■ お申込み:以下のお申込フォームより事前にお申込みをお願いします。
https://forms.office.com/r/jkQ30kbti5
※申込締切:2023年1月20日(金)12時まで

【プログラム】
14:00-14:20 JANPIAから開会のご挨拶・趣旨説明など
14:20-14:30 経団連からご挨拶(経団連 常務理事 長谷川 知子)
14:30-15:50 パネルディスカッション
15:50-16:00 JANPIAから閉会のご挨拶(JANPIA 理事長 二宮 雅也)

【パネルディスカッションの登壇者】


辻信行氏
PwCあらた有限責任監査法人 地域共創推進室 パートナー
法人のソーシャルインパクト担当パートナーとして、法人内のプロボノ、ボランティア活動を推進。従来の短期集中型のプロボノに加え、2021年からはリモートで隙間時間を活用したプロボノプロブラムを開始。また、若手職員メンバーによる、社会課題に触れる各種社内イベントの企画を推進している。



古路 祐子 氏
SMBC日興証券株式会社 経営企画部 サステナビリティ推進室

2011年よりCSR推進を担当。三井住友フィナンシャルグループへの出向を経て2021年10月より現職。2020年度よりスタートした社員が業務時間の一部(上限20%、週7.5時間以内)を用いて社会課題解決に貢献できる「日興プロボノワーク」の事務局を務める。



池田 俊一 氏
日本電気株式会社 経営企画部門 コーポレートコミュニケーション部 プロフェッショナル

2007年よりCSR推進を担当。日本初の本格的な社会起業家育成プログラム「NEC社会起業塾」をリード、日本企業初のプロボノ活動「NECプロボノイニシアティブ」立上げ。現在は、NECのコーポレート・シチズンシップをリード。同時に、NGO・社会起業家等とNECとの社会課題・SDGs起点の共創、新事業創造(CSV)を推進。





<モデレーター>
金田 晃一 氏
株式会社NTTデータ サステナビリティ経営推進部 シニア・スペシャリスト

NTTデータで「社員の社会参画」プロジェクトを企画・推進。自らも非常勤プロボノ講師として慶応SFC大学院生向けサステナビリティ講座を2年間(計26回)担当。



<コメンテーター>
嵯峨 生馬 氏

認定NPO法人サービスグラント代表理事
ソーシャルセクターの実践的ニーズに応えるプロボノプログラムの企画・開発や、企業・行政・財団等、幅広いセクターとの協働を通じた新規性の高いプロジェクトの創出・展開に数多く携わる。


休眠預金等活用制度について
2009年1月1日以降の取引から10年以上取引のない預金等(休眠預金等)を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度で、2019年度から開始されました。2022年12月9日現在、選定されたNPO等は839団体(累計)、 助成規模は約197.1億円(累計)となっています。

JANPIA(一般財団法人日本民間公益活動連携機構)について
2018年7月に経団連が主導して設立されました。経済界をはじめ、民間公益セクター、労働界、アカデミアなどオールジャパンで 本制度を支え、発展させ、SDGsの理念である「だれひとり取り残さない持続可能な社会作り」に貢献することを目指しています。
・JANPIAサイト https://www.janpia.or.jp/ ・休眠預金活用事業サイト https://kyuminyokin.info/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内