「潮岬灯台特別一般公開」および「潮岬灯台クルーズ体験と講演会」イベントを開催します!

2023年1月13日 金曜日 1:17 PM

2023年1月21日(一般公開)14時~/22日(クルーズ・講演会)9時30分~

紀の国灯台利活用推進委員会は、1月21日(土)、22日(日)に灯台の特別公開と、クルーズ体験&講演会イベントを開催いたします。このイベントは、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していく「海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業」の一環として実施します。



イベントの概要
21日の14時~16時30分は田辺海上保安部の協力により、灯台の内部見学ができます。潮岬灯台は普段から見学可能な灯台ではありますが、通常は登れない灯室(光源が設置されているランタンルーム)まで登ることができます。また先着で150名に灯台のアクリルキーホルダーをプレンゼントします。

22日は潮岬灯台を海から眺めるクルーズ体験(9時30分出航)と講演会(11時30分~13時ごろ)をおこないます。講演内容は、潮岬灯台の歴史や概要に始まり、設計者や歴代の光源について、新たに見つかった資料や、そこから導き出された新事実を発表します。講演会は予約不要ですが、クルーズ体験は船の定員がございますので申し込み先着順とさせていただきます。
※クルーズ体験へご参加いただける対象年齢は中学生以上となります。
クルーズ体験の予約フォーム:https://forms.gle/MXsYTiYSWkSrhKsW9

潮岬灯台について
2023年は潮岬が正式に点灯(明治6年1873年)してから150周年のアニバーサリーイヤーです。
初代の灯台は「日本の灯台の父」であるスコットランド人のR.H.ブラントンによって建てられた木造灯台でした。しかし耐久性の問題でブラントンの後任であるイングランド人のJ.マクリッチにより明治11年(1878年)に現在の石造灯台に建て替えられます。つまりお雇い外国人技師2名が関わった歴史的大灯台です。本州最南端に建つ灯台として、世紀を超えて重要な光を放っています。

<イベント概要>







<団体概要>
団体名称:紀の国灯台利活用推進委員会
活動内容:潮岬灯台の敷地にのこる明治3年に建てられた灯台守官舎(旧吏員退息所)を、宿泊施設(灯台コテージ)として利活用をすることを目的に活動をしています。実現すれば日本初の「泊まれる灯台」の誕生です。

海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業
日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、灯台を中心に地域の海の記憶を掘り起こし、地域と地域、異分野と異業種、日本と世界をつなぎ、新たな海洋体験を創造していく「海と灯台プロジェクト」。その取り組みのひとつである「新たな灯台利活用モデル事業」は、灯台の様々な利活用モデルを創出することで、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していくことを目的としています。初年度である2022年度は、本リリース事業含め、全国で12事業が採択されました。
海と日本プロジェクト公式サイト https://uminohi.jp/
海と灯台プロジェクト公式サイト https://toudai.uminohi.jp/
新たな灯台利活用モデル事業 公募情報 https://toudai.uminohi.jp/event/post-5778/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内