JR名古屋駅に「家康ゆかりの地 インフォメーションセンター」を開設します!

2023年1月17日 火曜日 5:47 PM

愛知県、県内市町及び観光団体等で構成する「愛知県大河ドラマ『どうする家康』観光推進協議会」では、2023年大河ドラマ「どうする家康」の放送を契機に、本県の「武将観光」を全国に広くPRし、県外からの観光誘客の拡大と周遊観光の促進を図っています。 この取組の一環として、この度、JR名古屋駅の中央コンコースに、当地域の徳川家康ゆかりの地や武将観光スポット情報を発信する「家康ゆかりの地 インフォメーションセンター」を開設し、以下のとおりオープニングセレモニーを開催しますので、お知らせします。


愛知県大河ドラマ『どうする家康』観光推進協議会 ロゴマーク及びキャラクター「いえやすくん」
○「家康ゆかりの地 インフォメーションセンター」について
(1)開設日時
2023年1月18日(水)午前10時
(運営時間 午前10時から午後8時まで)

(2)設置場所
JR名古屋駅 中央コンコースイベントスペース
(名古屋市中村区名駅一丁目1-4)

(3)概要
大河ドラマ「どうする家康」の放送を契機として、家康ゆかりの地などへの関心の高まりにより本県への観光客の大幅な増加が見込まれるため、県外からの観光客や出張で来県された方々に対し、愛知・名古屋の玄関口となるJR名古屋駅において、当地域の徳川家康ゆかりの地や武将関連観光施設、関連地域への交通アクセス、周遊キャンペーン等の情報を提供します。

〈主な内容〉
・常駐スタッフによる案内カウンターでの観光・アクセス情報の提供
・県内自治体等の観光パンフレットの配架
・壁面装飾による「どうする家康 岡崎 大河ドラマ館」(岡崎市)や家康ゆかりの地の紹介
・NHK名古屋放送局による大河ドラマ「どうする家康」出演者パネル、ポスター、番組PR動画放送モニターの設置
・関係自治体職員、地元観光協会職員による観光パンフレット等の配布

(4)利用料
無料
(5)設置主体
愛知県大河ドラマ「どうする家康」観光推進協議会
(事務局:愛知県観光コンベンション局観光振興課)

<参考>
名古屋市では、大河ドラマ「どうする家康」の放送を契機とした観光プロモーションの一環として、JR名古屋駅中央コンコースの太閤通口・銀の時計前において、桶狭間古戦場公園(名古屋市緑区)に設置されている「近世の曙」(織田信長・今川義元)銅像の原型FRP像を特別展示中です。若き徳川家康(松平元康)が今川軍として参戦し、大高城への兵糧入れを行った「桶狭間の戦い」をPRしています。
「家康ゆかりの地 インフォメーションセンター」へのご来場の際には、是非お立ち寄りください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内