【上越市立水族博物館】特別展『深層を深掘り!?日本海の深海』を開催!【令和5年1月17日(火)~3月12日(日)】

2023年1月17日 火曜日 8:47 PM

知っていそうで知らない”海の世界”をご紹介


上越市立水族博物館 『うみがたり』(新潟県上越市五智2-15-15)では、令和5年1月17日(火)から、特別展『深層を深掘り!?「日本海の深海」』を開催します。
深海とは、水深200mより深い海のことを指します。太陽の光が届かないため、暗く冷たい過酷な環境ですが、海全体の90%を深海が占めるといわれています。

今回はミステリアスな深海の中でも、近年世界から注目を集める「日本海の深海」について、「パネルや標本展示」「生体展示」「レクチャー」の3つのコンテンツを中心にご紹介します。

日本海の深海には、ベニズワイガニをはじめホッコクアカエビ(甘エビ)やゲンゲ類(ゲンギョ)などのように、上越地方で食用とされる身近な生きものが数多く生息しています。これらの生きものがどのような環境で生活しているのかを学んでいただけます。



日本海の深海ってどんな世界?パネル・標本展示

日本海の歴史は、地球の長い歴史の中ではまだ浅く、その影響が深海生物の進化にも表れています。1階催事ホールでは、日本海の深海の特徴を太平洋の深海と比較しながらお伝えします。
日本海の深海の歴史や、そこに生息する生物の特徴、生態などをパネルで紹介するほか、12種類にも及ぶ生物の標本で、生きものの特徴の違いを見比べられます。



生態を深掘り!日本海に生息する深海生物

『うみがたり』で展示している深海生物の多くは、底引き網漁が盛んな上越沖で採集されています。日本海の深海に生息する生物をじっくり観察していただくため、特別展開催期間中は水槽横に特設解説板をセット。深海生物の特異な生態についてより詳しく解説し、より身近に深海生物を感じていただけます。







毎週日曜開催!深海レクチャー

毎週日曜日、深海に関するレクチャーを行います!深海とはどんなところ?という、基本的な内容にはじまり、深海魚が当館へやってくるまでなど、毎週異なるテーマに沿った情報をお伝えします。最終日となる3月12日には、「仙台うみの杜水族館」から長年深海生物の飼育展示に携わってきた大谷飼育員を招いてスペシャルレクチャーを行います!
また、隔週の令和5年1月29日、2月12日、26日、3月12日は、レクチャーのほかに、加圧実験水槽を用いて水深に応じて水圧が変化する様子もご紹介します。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内