【銀座 蔦屋書店】ギャラリスト・石原悦郎の稀少なコレクション展「写真をアートにした男 Vol.2」を1月24日(火)より開催。植田正治、荒木経惟ら日本人写真家のプリント作品を展示・販売

2023年1月17日 火曜日 8:47 PM

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZA SIX 6F)では、「The Beginning of Art Photography 写真をアートにした男 −石原悦郎コレクション Vol.2 <JAPANESE PHOTOGRAPY>」を1月24日(火)~2月16日(木)の期間開催します。日本で最初に誕生した写真のコマーシャル・ギャラリーを創設した伝説のギャラリスト・石原悦郎の活動と先駆性にフォーカスするこの展覧会では、木村伊兵衛、森山大道、植田正治、荒木経惟、石内都などの希少なプリント作品を展示・販売いたします。


特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/31143-1117170113.html


桑原 甲子雄「TOKYO 1936」展が開催された当時1980年のZEIT-FOTO SALON ( 東京 日本橋 )、 (C) Estate of Shigeo Anzaï


概要

銀座 蔦屋書店では、石原悦郎の先駆性とその活動の軌跡にフォーカスした、コレクションを紹介する連続展示企画「The Beginning of Art Photography 写真をアートにした男」の第2回を開催します。

石原悦郎は、1978年に日本橋室町にて日本で最初のコマーシャル・フォト・ギャラリーである「ZEIT-FOTO SALON」を創設したギャラリスト。石原は写真の芸術性にいち早く気がつき写真画廊を創設。アンリ・カルティエ=ブレッソンなどの世界的巨匠らとパリで交流し、直接プリントを買い付けてきては日本で個展を開くことで、オリジナル・プリントの価値を根付かせ、日本人作家の発掘にも尽力しました。1985年には国内初となる写真美術館「つくば写真美術館」を設立し、写真のキュレーターや評論家といった人材を育んでいきました。

写真家がアーティストとして活動し、写真が「アート」として受容されるようになった歴史を語る上で欠かすことのできない存在である石原悦郎。その活動の軌跡とそのコレクションにフォーカスする「The Beginning of Art Photography 写真をアートにした男」の第2回である本展では、日本の写真家とその作品に着目します。木村伊兵衛、植田正治、須田一政、桑原 甲子雄、また荒木経惟、森山大道、石内都など、石原悦郎との交友の中でキャリアを発展させたり、個展開催やプリント販売を行い、その後、国際的に高い評価を得ることになった日本人作家たちの希少なオリジナルプリント作品を展示・販売いたします。

写真がいまだかつてないほど、わたしたちの日常に身近になった現在──そして、現代アートが盛り上がりを見せる今日、「アートとしての写真」は多くの可能性に満ちています。「アート写真のはじまり」を体感するとともに、ユーモアとのびやかな悦びに満ちた石原コレクションの世界をご高覧ください。
植田 正治「落日」1935年頃


作品展示作家

荒木 経惟、桑原 甲子雄、森山 大道、木村伊兵衛 、北井 一夫、橋本 照嵩、植田 正治、杉浦 邦恵、須田 一政、安齊 重男、石内 都

●展示・販売予定の作品のご紹介(一部)

木村 伊兵衛「秋田市追分、板塀」 1953年
桑原 甲子雄「奉天康春街、瀋陽」1940年


書籍紹介

『写真をアートにした男 石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』


1978年に日本で最初に誕生した写真のコマーシャル・ギャラリーであるツァイト・フォト・サロンの創始者、石原悦郎の生涯を追うことで、日本写真史を立体的に描いた単行本の待望の文庫化。1月24日(火)10時30分より、店頭およびアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて販売開始いたします。

価格 | 880円(税込)
判型|文庫判 400ページ
ISBN | 9784094072099


作品販売について

展示作品は、2023年1月24日(火)10時30分より、店頭にて販売開始いたします。
※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売が終了することがあります。


展示詳細

「The Beginning of Art Photography 写真をアートにした男−石原悦郎コレクション Vol.2<JAPANESE PHOTOGRAPY>」

会期|2023年1月24日(火)~2月16日(木)※会期は変更になる場合もございます
時間|10:30~21:00 ※最終日は17時閉場
会場|銀座 蔦屋書店 店内アートエディションコーナーショーケース・写真集コーナー
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|ZEIT-FOTO kunitachi、小学館、ART OFFICE OZASA
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内) /info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/31143-1117170113.html


< 石原 悦郎 メモリアルワークショップ > ZEIT-FOTO BOXと語ろう!

昨年、石原 悦郎七回忌を記念し、過去の展覧会DMとなった写真作品約100点から制作されたZEIT-FOTO BOX (非売) 。そのカードを用いてのゲームなどを楽しみながら、ZEIT-FOTO SALONの歴史に触れることができるイベントです。ファシリテーター:小田川 悠 (ZEIT-FOTO kunitachi)

開催日時|2月4日(土)1.13時~14時、2.15時~16時
定員|各回5組(1組5名までご同伴可能)1組につき1点、ZEIT FOTO BOXをプレゼントいたします。
参加条件|以下のチケットを購入
『写真をアートにした男 石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』書籍付参加チケット 880円(税込)
申込み方法|電話にて受付 電話番号|03-3575-7755(10:30~21:00)

※お電話にてイベント名、チケット枚数とチケット毎の同伴人数、参加希望日時をお伝えの上お申込みください。
※お1人でもご参加いただけます。
※先着順、満席になり次第、募集は終了となります。
※チケット購入代金は、当日会場にてお支払いください。


プロフィール



石原悦郎(いしはら えつろう)

1941年~2016年、東京都生まれ。ギャラリスト。日本橋室町に日本で最初のコマーシャル・フォト・ギャラリーであるZEIT-FOTO SALONを1978年に創設。カルティエ=ブレッソン、ブラッサイなど欧米の作家と交流し、彼らから直接オリジナルプリントを買い付け、日本に「アートとしての写真」という考え方を広める。同時に荒木経惟や森山大道といった日本を代表する写真家を世界に送り出し、2000年代に入ると中国や韓国といったアジア圏で自身のコレクション展を企画開催し大きな影響を与えた。一生涯を芸術に捧げ、写真に限らず、絵画やワイマール期のSPレコードの収集家としても、まとまったコレクションを築き上げた。


銀座 蔦屋書店

本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。

(C) 2017 Nacasa & Partners Inc. all rights reserved.

住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/


CCCアートラボ

CCCアートラボは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中で「アートがある生活」の提案をする企画集団です。わたしたちは「アートがある生活」の提案を通じて、アートを身近にし、誰かの人生をより幸せにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。これまで行ってきた、店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、わたしたちだからできるアプローチで企画提案をします。
https://www.ccc-artlab.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内