思考力アプリ「シンクシンク」が日本・カンボジアを繋ぐ外交イベントを開催!「シンクシンク ナショナルワールドカップ」in カンボジア

2023年1月19日 木曜日 11:47 AM

ワンダーファイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶、以下 ワンダーファイ)は、同社が開発・運営する子ども向け思考力育成アプリ「シンクシンク」を通して、カンボジア国内の生徒のSTEM領域における学習意欲向上をはかるイベント「シンクシンク ナショナルワールドカップ(Think!Think! National World cup)」を、カンボジア首都プノンペンにて開催しました。「日カンボジア友好70周年記念事業」として位置づけられている本イベントには、カンボジア教育大臣や在カンボジア日本臨時大使、JICAカンボジア所長、カンボジア国内の教育関係者、カンボジア国営メディアなどが参加し、日本とカンボジアの教育文化面において、友好関係の促進に貢献しました。





300人の子どもたちが大興奮!シンクシンク ナショナルワールドカップ inカンボジア

世界150ヶ国200万ユーザーが利用する思考力育成アプリ「シンクシンク」を、カンボジアの300人の子どもたちが一同に介して挑戦する大会「シンクシンク ナショナルワールドカップ」を実施しました。
「シンクシンク」は、2018年からJICA(国際協力機構)の支援により、カンボジアの公教育で使用されています。現在9校の公立小学校とプノンペンにある学習センターで約4,000人の生徒が利用しています。今回の大会は、カンボジア国内の生徒たちの更なる学習意欲向上をはかることを目的としています。

年中長の部、小学1−3年生の部、小学4−6年生の部で実施し、それぞれ上位入賞した子どもたちが表彰されました。大きな達成感を味わった子もいれば、悔し涙を流す子もおり、子どもたちの意欲を感じられる時間となりました。




「日カンボジア友好70周年記念事業」の位置づけで、日本・カンボジアの友好関係の促進に貢献



本イベントは、JICA、カンボジア教育・青年・スポーツ省、在カンボジア日本大使館の協力により、日本・カンボジアの友好関係を促進する外交イベントとして開催されました。「シンクシンク」大会に加え、日本文化体験ゾーンを設け、会場にきた子どもたちやその家族が日本の文化に触れる機会や、日本の教育有識者の講演会などを提供しました。教育・文化の両面において日本とカンボジアの交流促進に貢献しています。


登壇者からのコメントを一部ご紹介します。

カンボジア教育省 ハン・チュオン・ナロン大臣
この変化の激しい社会では、幼少期からSTEMを学び、21世紀のスキルを身につけることが非常に重要です。「シンクシンクナショナルワールドカップ」は、生徒たちがSTEMに興味を持つ非常に良い機会です。(中略)
日本人の皆様が、カンボジアに「シンクシンク」を持ってきてくださったことにとても感謝しています。

在カンボジア日本大使館 谷内臨時大使
本日の「シンクシンク ナショナルワールドカップ」は、日カンボジア友好70周年記念事業のハイライトの1つでした。(中略)
カンボジアの子どもたちがSTEM教育に親しむきっかけとして、「シンクシンク」が貢献し続けると確信しています。そして「シンクシンク」で学んだ子どもたちは、将来、日本とカンボジアの新たな架け橋となるでしょう。

JICAカンボジア 亀井所長
2018年より取り組んできたJICA民間連携事業を通じて、ワンダーファイは優れた教育企業の1社であると認識しています。彼らの素晴らしいEdTechアプリは、日本や世界の子ども達に周知されています。(中略)
「シンクシンク」が、カンボジアの子どもたちの教育にポジティブなインパクトをもたらすだろうと信じています。

■開催概要
日  時:2023年1月14日(土)8:00~12:00(現地時間)
場  所:カンボジア日本人材開発センター(CJCC)
参加者 :カンボジア教育省 ハン・チュオン・ナロン大臣
     在カンボジア日本大使館 谷内臨時大使
     JICAカンボジア 亀井所長
     慶應義塾大学 中室教授
     ワンダーファイ(株) 代表取締役 川島
参加人数:約1,000名(内、子どもが300名)
     カンボジア国営メディアはじめ、複数のメディアも参加。
     複数の日本企業がブースを出展


思考力が育つ知育アプリ「シンクシンク」について



シンクシンクは、パズルや迷路、図形などを用いた、思考力を楽しく身につけるための知育アプリです。問題は、空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野から構成されており、算数オリンピックなどの問題を手掛ける、数学のプロフェッショナルチームによって開発されました。120種類20,000問の良質な問題で、やる気が続き、自然と考える力が伸びていくように設計されています。

ユーザーは200万人を突破、Googleによるアプリアワードの受賞、キッズデザイン賞の受賞など、高い評価をいただいています。

また、カンボジアにて、同国政府の全面協力のもと、国際協力機構(JICA)、慶應義塾大学中室牧子研究室と実証実験を実施。シンクシンクが学力・IQに有意な効果があることが確認されています。(*1)(*2)
<これまでの受賞歴>
・Google Play Awards 2017 「Best App for Kids」部門ファイナリスト (*3)
・Google Play Awards 2019「Best Social Impact」部門ファイナリスト (*4)
・Google Best of 2017
・日本e-Learning大賞 EdTech特別賞
・第13回キッズデザイン賞
(*1) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000012970.html
(*2) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000012970.html
(*3) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000012970.html
(*4) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000012970.html
シンクシンク 公式HP:https://think.wonderfy.inc/


ワンダーファイ株式会社について

ワンダーファイは、世界中の子どもから「知的なわくわく」を引き出すための教材やコンテンツを開発・運営する会社です。STEAM教育の新しい通信教材「ワンダーボックス」 や、150ヶ国200万人の子どもが楽しむ、思考力が育つアプリ「シンクシンク」を運営しています。国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修している、STEAM/STEM教材・思考力教材のパイオニアです。
2018年11月には、世界最大の教育ベンチャーのコンペ「Global EdTech Startups Awards (GESA)」の日本予選にて最優秀賞を受賞(*5)。また、SXSW EDUなど、世界的な教育フォーラムに日本代表として出展、登壇などを行なってきた実績があります。
2020年2月、STEAM教育領域の通信教育「ワンダーボックス」を発表しました(*6)。

2022年12月14日に、社名をワンダーラボから「ワンダーファイ株式会社」に変更しました(*7)。
(*5) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000012970.html
(*6) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000012970.html
(*7) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000091.000012970.html
ワンダーファイ株式会社 公式HP:https://wonderfy.inc/


参考情報

HugKum「知りたい!Googleが認めた話題の知育アプリ「シンクシンク(Think!Think!)」で育まれる知的ワクワクとは?」
https://hugkum.sho.jp/45876
JICA 「子どもたちに質の高い学びの機会を カンボジア」
https://www.jica.go.jp/publication/mundi/202008/202008_04.html
TBSの番組「スマホで参加!生放送で思考力バトル ザ HIRAMEKI」にワンダーファイが全問題を提供
https://www.tbs.co.jp/the-hirameki/
テレ朝news「デジタル×アナログ “考える力”高める次世代教育」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000208159.html
XD 「子どもは何に目を輝かせる? 知育アプリ『シンクシンク』生みの親が語る、世界に届く学習体験」
https://exp-d.com/interview/10217/
東洋経済education「勉強好きな子どもに共通「知的好奇心」、どうすれば伸ばせるか?」
https://toyokeizai.net/articles/-/579587


お問い合わせ・ご質問・取材のお申し込み

ワンダーファイ株式会社 広報担当: 池田・長畑
メールアドレス: pr@wonderfy.inc

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内