【名古屋造形大学】地域連携 プロジェクト型授業として「まち」をフィールドに教育活動を実践

2023年1月19日 木曜日 6:47 PM

柳原芸術祭 ~人から人へ、まちの記憶をつむぐ小さなお祭り~

名古屋造形大学は、名城公園キャンパス(2022年4月移転)において新たな都市型の芸術大学をつくりたいと考えています。アート、デザイン、エンタテインメントそれぞれの分野のものづくりを極めていくことはもとよりですが、そのためにも積極的に社会に開き、社会と関わる、そんな活動を心がけていきます。つくるだけではなく、社会へ発信し、社会とつなぐ役割を担うことで、どのようなものづくりであるべきか考えられる人を送り出していきます。


柳原芸術祭 ~人から人へ、まちの記憶をつむぐ小さなお祭り~

名古屋市名城地区にキャンパスを移転した名古屋造形大学とその東に隣接する柳原通商店街が協力し、「まち」を会場にした小さなお祭り「柳原芸術祭」を開催することになりました。
本イベントは、本学学生がプロジェクト型の授業として「まち」をフィールドに教育活動を実践する一環で企画されたものです。地域の人々の営みに目を向け商店街の価値を新たな視点で見出すとともに、名古屋造形大学で学んだ芸術的感性で「まち」との関係性を築いてゆく試みです。



〇2023年1月21日(土)22日(日)10:00~17:00
〇会場:柳原通商店街事務所・天徳湯




〇開催イベント
・ダンボール基地を作ろう
 商店街で不要になったダンボールをつかって建物を工作します


・天徳湯フリーマーケット
 捨てられない思い出をつなぐマーケット
・柳原通り推しガチャ
 柳原通商店街のあんなもの?こんなもの?何が出てくるかは
 お楽しみ?
・メッセージフラッグ
 まちへの思いを伝える旗で通りを飾ります
・パン工房柳原×郷原精肉店
 地元のお店がコラボレーション!「柳原バーガー」を作ります
・まちのアーティストになろう
 まちには何色に映る?アートワークショップ




主 催 名古屋造形大学 江津ゼミ+辻スタジオ
後 援 柳原通商店街振興組合
協 力 柳原まち育会
お問い合わせ先
江津匡士 |名古屋造形大学情報表現領域 准教授
gozu@nzu.ac.jp
辻 琢磨|名古屋造形大学地域社会圏領域 特任講師
 




【学長】伊藤 豊嗣
【所在地】愛知県名古屋市北区名城2丁目4番1
【サイトURL】https://www.nzu.ac.jp/
【学部】造形学部 造形学科
・美術表現領域
・映像文学領域
・地域社会圏領域
・空間作法領域                          ・情報表現領域     
                              【大学院】造形研究科修士課程 造形専攻

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内