ゴミ拾いファッショニスタを増やすプロジェクト REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト) が始動。プロジェクト第1弾イベントを2023年1月28日(土)に渋谷で開催!

2023年1月20日 金曜日 3:47 PM

東京都渋谷区でのゴミ拾い活動を実施。イベント参加者には、数量限定のREDLISTオリジナルスニーカーやデジタルアート参加証をプレゼント。

株式会社フリックフィット(本社:東京都渋谷区 代表取締役 廣橋 博仁)は、ファッションブランド REDLIST(レッドリスト)のブランドローンチに先駆け、ゴミ拾いファッショニスタを増やす活動 REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト) の、第1弾イベントを2023年1月28日(土)東京都渋谷区にて開催します。


REDLIST(レッドリスト)とは、絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。その絶滅の危機に瀕する動物たちが生息する地球環境の保全を目指す、ファッショニスタたちによるゴミ拾い活動を「REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト)と呼称し、ゴミ拾い活動を行うREDLISTコミュニティメンバーをファッション、アート、ミュージック、テクノロジー、ビジネス等の軸で増やし、活動の輪を広げていきます。
REDLIST IMPACTS ホームページ:https://redli.st/impacts/





REDLISTプロジェクト立ち上げの背景

絶滅の危機に瀕する絶滅危惧種の数は、加速度的に増加しています。国際自然保護連合(IUCN)が作成したIUCN絶滅危惧種レッドリスト™(2022年度)によると、現在、全世界に42,100種以上も絶滅危惧種が存在すると言われ、調査で確認された全評価種の約27%が絶滅危惧種に指定されているそうです。

地球温暖化による生息環境の変化、人間が持ち込んだ外来生物などによる生態系への影響、土地や海の汚染等も深刻化し、即時的なアクションとそれに繋がる啓蒙活動が必要とされています。REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト)は、環境保護への大きなうねりを生み出すために、まずは小さな活動をひとつひとつを積み上げ、自らアクションを起こすことの重要性を喚起していきます。

REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト)では、ファッション、アート、ミュージック、テクノロジー、ビジネス等の軸で、自分ごととして環境のために行動する「ゴミ拾いファッショニスタ」を増やすことで、絶滅危惧種を増やさない・絶滅危惧種の命を絶やさない環境づくりへの貢献とその啓蒙を目的としています。また、ファッショニスタの定義は、ファッション軸だけではなく、アーティスト・クリエイター・起業家等、次世代を自ら創る人々としています。今後プロジェクトを通じてゴミ拾いファッショニスタを増やし、環境活動へのムーブメントの火付け役を目指しています。



第1弾 2023年1月28日(土)REDLIST IMPACTS in SHIBUYA 開催概要



REDLIST IMPACTS(レッドリスト インパクト)の第1弾として2023年1月28日(土)に、ファッションの中心である東京都渋谷区で、REDLIST IMPACTS in SHIBUYA (レッドリスト インパクト イン 渋谷)を開催します。渋谷中心部のゴミ拾いに協力していただける参加者を募集しています。

・開催日時:2023年1月28日(土)17:00 ゴミ拾い開始/19:00頃 活動終了
・集合場所:渋谷駅ハチ公像前 16:50集合
・参加資格:REDLIST IMPACTSに参加したい方であればどなたでもご参加いただけます。
・参加方法:下記イベントページよりお申し込みください。(当日参加受付可)
 イベントページURL:https://redli.st/event/shibuya/
・参加特典:ゴミ拾いにご参加いただいた方全員にイベント参加証としてREDLIST DIGITAL ART(NFT)をプレゼントします。また、REDLISTブランドのスニーカーを参加者の中から抽選で進呈いたします。(数量限定)
また、軍手、トング、ゴミ回収袋などはREDLIST(レッドリスト)にてご用意いたします。詳細はInstagram、Twitterの公式アカウントにてご確認ください。

■ REDLIST ブランド公式 SNSアカウント
・Instagram: https://www.instagram.com/redlist.official/
・Twitter:https://twitter.com/RedlistOfficial

■ REDLIST IMPACTS 公式 SNSアカウント
・Instagram:https://www.instagram.com/redlist_impacts_official/
・Twitter:https://twitter.com/Redlist_Impacts


REDLIST DIGITAL ART


*今回のREDLIST IMPACTSで配布するイベント参加証であるREDLIST DIGITAL ARTはNFT(非代替性トークン)での配布予定です。


【プレイベント】 新潟県佐渡市 海岸クリーンアップ活動の実施報告

REDLIST IMPACTSプレイベントとして、2022年12月下旬に REDLIST IMPACTS in SADO(レッドリスト インパクト イン 佐渡)を実施いたしました。その活動の様子は、以下のREDLIST YouTube公式チャンネルよりご確認いただけます。
YouTube: https://youtu.be/VPSalm-ACL0




この活動には、REDLIST(レッドリスト)の考え方にご賛同いただいた下記のインフルエンサー及び、新潟県佐渡市役所や地元企業のご支援もいただきながら実施しました。結果として約20名の参加者によって、国内外からの漂着物やプラスチックゴミを中心に約1トンのゴミを回収するに至りました。




また、今回ご尽力をいただいたレッドリスト インフルエンサーは下記の方々です。
・川原渓⻘氏(モデル・GQ Men of the year 2022受賞者)
・フォーサイス有間氏 (現役水族館職員・アニマルスペシャリストYoutuber)
・SHUNSUKE TAKAI氏(ダンサー・KING OF SWAGメンバー)
・⽵井勝哉氏 with ゴリラブラザーズ ⽵井慶寿君・慶喜君(インフルエンサー)



新潟県佐渡市でプレイベントで開催した理由

REDLIST(レッドリスト)プロジェクト発起人である廣橋 博仁は、新潟県佐渡市の生まれであり、かつては野生絶滅として認定された、朱鷺(トキ)の生態系に関する話に幼少期から触れてきました。祖母からの良く聞かされた話には「昔は畑に、大きな翼を広げた朱鷺が⽻ばたいていた。」という言葉が含まれており、朱鷺をはじめとした絶滅危惧種に目を向けることは自らのルーツにも関わることでもありました。ファッションやテクノロジーの世界で、連続起業家として活動してきた廣橋が、次のプロジェクトとして掲げたのが、社会や環境に対してポジティブな影響を与えるきっかけを作ることであり、REDLIST IMPACTSのプレイベントを佐渡島として定めたのは自然の流れでした。



REDLIST IMPACTS 寄付活動について

日本の絶滅危惧種である朱鷺(トキ)が生息する佐渡島は、年間300トンの海洋ゴミが漂着し、その内、地域の自助努力だけで回収しきれないものが約半分にあたる150トンを占めます。海洋ゴミは生物に影響を与えており、即時のアクションが必要とされております。また、150トンのゴミ回収には年間2,000万円(当社調べ)がかかるとされており、このプロジェクトを通じて、環境保全のための寄付を2023年1月28日(土)より受付予定です。

REDLIST IMPACTSでの寄付は、必要経費を除く全ての寄付金を、クリーン活動や自治体への寄付等、絶滅危惧種が生息する環境保全のために活用します。寄付は1口5,000円より受け付け、寄付者には世界にひとつだけのREDLIST DIGITAL ART*を進呈します。* REDLIST DIGITAL ARTはNFT技術で唯一無二を証明します。

寄付に関する事前登録はこちらから: https://shop.redli.st/products/redlist-donation
(寄付開始時にご登録いただいたメールアドレスにご案内いたします)



REDLIST(レッドリスト)ミッション

REDLIST(レッドリスト)のミッションは、将来、世の中から消滅してしまうかもしれない希少価値を、次世代へ継承することです。絶滅の危機に瀕した動物たちを守るべく警鐘を鳴らし、プロジェクト収益の一部をその保護活動へと回していきます。また、絶滅危惧種の動物たちに目を向けながらも、今後、個別分散型(⾮中央集権型)社会で活躍する次世代クリエイター、アーティスト、起業家を支援することももうひとつのミッションです。これらを達成するためには、個人ではなくコミュニティの力が必要であり、ブランドコンセプトに共感した方々の支援を得ながらミッション達成を目指します。

注釈:レッドリスト(Red List)とは絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。国際的には国際自然保護連合 (IUCN)が作成しているものが著名で、日本国内では、環境省のほか、地方公共団体やNGOなどが作成しております。2023年1月現在、本プロジェクトは特定の政府系団体、民間企業、⾮営利団体などとの関係性を謳っているプロジェクトではございません。

【本件についてのお問い合わせ】
株式会社フリックフィット
REDLIST広報担当:原野
メールアドレス:pr@redli.st

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内