札幌観光バスが提供する、旅の行程作成・共有サービス『たびポス』に技術協力

2023年1月23日 月曜日 2:17 PM

『NAVITIME Travel Platform』の「旅行プランニング」機能を提供

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、札幌観光バス株式会社(代表取締役社長:福村 泰司、本社:北海道札幌市)が、2023年1月23日(月)より提供開始する、『たびポス』に技術協力いたします。



<『たびポス』Webサイト:https://tabipos.jp/

『たびポス』は、旅の行程を作成・共有できる新たなWebサービスです。旅行者によって投稿された旅程「たびカード」を自由に検索・閲覧でき、その旅程をベースに自分のオリジナルの旅程を作ることができるサービスです。

ユーザーによって投稿された「たびカード」から、今まで知らなかったスポットや、新しいルートを発見して、これから行く旅の参考にすることができます。旅行後には写真や感想を加えて自分の「たびカード」を作成して投稿し、次の旅行者へつなげていくことができます。

旅程作成では、バスを使った旅程だけではなく、鉄道や車を使った旅程も作成することを可能とし、旅行者が北海道の交通網を使いこなす一助として提供しています。

ナビタイムジャパンは本サービスにおいて、旅程作成の機能として、当社の広域観光促進支援ソリューション『NAVITIME Travel Platform』から、広域周遊を促進する「旅行プランニング」機能を提供しています。また、Webサイト全体の開発に技術協力をしております。

「旅行プランニング」機能は、ナビタイムジャパンのBtoCの旅行サービス『NAVITIME Travel』で提供する旅行プランニング機能を、法人向けのソリューション「NAVITIME Travel Planning」としてパッケージ化し、提供しています。経路検索技術に加え、当社で保有している900万件の施設データと5万超の観光情報、宿泊・チケット予約を活用しており、当社のデータ・技術・ノウハウを集約した機能となっています。

今後は、『たびポス』のサービス向上に努めるとともに、「旅行プランニング」機能の利用状況を解析する分析機能や、マーケティングデータの提供など、本サービスを発展、活用の幅を広げることで事業の活性化を支援し、さらには北海道内の移動の課題解決に貢献して参ります。

■サービスイメージ



『たびポス』について

旅の行程を作成・共有できる新たなWebサービスです。旅行者によって投稿された旅程「たびカード」を自由に検索・閲覧でき、その旅程をベースに自分のオリジナルの旅程を作ることができるサービスです。ユーザーにより投稿された「たびカード」から、今まで知らなかったスポットや、新しいルートを発見して、これから行く旅の参考にすることができます。旅行後には写真や感想を加えて自分の「たびカード」を作成して投稿し、次の旅行者へつなげていくことができます。
Webサイト https://tabipos.jp/


「NAVITIME Travel Planning」について

観光スポット情報を、公共交通、車、徒歩、自転車など様々な移動手段を考慮した経路検索や地図と組み合わせて旅程化する仕組みをパッケージ形式で提供します。これは、個人向け『NAVITIME Travel』のプランニング機能をベースに法人向けに提供するものです。観光事業者様がお持ちの観光情報(記事、スポット情報、モデルコース等)の情報とも連携が可能で、管理ツールを活用することによりスポットの追加や編集もできます。おすすめしたいスポットをレコメンドする機能もご利用いただけます。
サービス紹介サイト https://www.navitime.co.jp/tourism-solution/products/planning.html


お問い合わせ先

ナビタイムジャパンの広域観光促進支援ソリューションに関するお問い合わせフォーム
https://www.navitime.co.jp/tourism-solution/form/inquiry.html


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。   

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内