【銀座 蔦屋書店】生き物をモチーフに絵画制作を続ける新進気鋭の作家、上野裕二郎の個展「Clash of Two Spirits ー天地の鬩ぎー」を2月11日(土)から開催

2023年1月27日 金曜日 10:47 AM

銀座 蔦屋書店(東京都中央区GINZA SIX6F)は、上野裕二郎による個展「Clash of Two Spirits ー天地の鬩ぎー」を、2月11日(土)から2月22日(水)の期間に中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて開催いたします。


廻瀾 ー六頭の龍ー/Vortex −Six Dragons−

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/31395-0954420126.html

概要

上野裕二郎は東洋思想の「気」の思想をベースに龍や虎、鳥などの生き物をモチーフに、絵画制作を続ける新進気鋭の作家です。
1996年に京都に生まれ育ち、2015年に沖縄県立芸術大学へ進学。京都と沖縄という異なる文化に身を置くことで、進学前から興味のあった西洋美術、京都で見てきた屏風画、アジアの美術など様々な要素を作品に取り入れてきました。
想像上か実際の生き物かは問わず、厳しい環境の中で生きる生物たちのエネルギーを筆のストロークで表現し、具象と抽象を繋げながら制作をしています。

宇宙の万物を「陰」と「陽」の相反する二つの要素でとらえる陰陽五行説の思想に基づき「Clash of Two Spirits ―天地の鬩ぎ―」と題された本展では、陰と陽をモチーフとした対を成すマルチプル作品など新作を発表します。

ぜひ会場で迫力ある作品の数々をご覧ください。


アーティストステートメント

私は東アジアを中心に伝統的に描かれてきた、龍や虎、鳥などの生物をモチーフに、それらと外界との気の揺らぎや、生成と消滅を繰り返しながら続いていく時間と物質の流れといったものに迫ることを制作の主題としてきました。
東洋には万物の本質を気(あるいは目に見えない流れ)と捉える思想があり、東洋絵画は万物が持つ気韻生動を筆さばきによって表現することを伝統として発展してきました。
私はそうした思想を拠り所としつつ、近現代の西洋美術の文脈とも共鳴する、キャンバスにアクリル絵具と油彩を併用するなどの複合的な手法で絵画表現を行なっています。
また、「現代と古代、東洋と西洋、具象と抽象、そして存在と非存在」といった両極の要素を統合することで、絵画に多元性を持たせることを目指しています。

本展覧会のタイトル「Clash of Two Spirits ―天地の鬩ぎ―」は、そうした制作の方法論に加え、宇宙の万物が陰と陽のふたつの気に大別され、それらが鬩ぎ合い、補完し合う中で生滅のサイクルが維持されるとする陰陽五行説に基づいています。
東洋ではこうした思想を背景に、伝統的に様々な生き物の組み合わせが好まれて表現されてきました。龍と虎以外にも、龍と鳳凰、鳳凰と麒麟など、対となる組み合わせが多数存在します。これらは対となれば陰と陽、天と地、柔と剛などを表すと同時に、個の中にも陰と陽のふたつの気が存在すると考えられています。
今回の展覧会では、作品自体は独立しつつも、対を成すモチーフを多数配置することで空間の中での関連性や「鬩ぎ」を作り出すことを意図しています。

上野裕二郎


マルチプル作品について



※イメージ画像(上段4種:陽シリーズ、下段4種:陰シリーズ)
中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣である四神(四獣)をモチーフとした版画作品。手描きの絵画をデータに置き換えて制作したり、箔や凹凸感のある表現を使用するなど、普段の絵画制作とは異なるアプローチで制作された意欲作です。東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武それぞれのモチーフごとに、色味を変えた陰・陽各2種類の版画を発表予定。
※画像はイメージです。現在制作中のため実物は画像と異なる場合がございます。

<販売について>
アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて2月11日(土)11時より販売。
※エディション数、価格等の詳細情報はOIL by 美術手帖にてご確認ください。
※店頭での販売はございません。
URL|https://oil.bijutsutecho.com/artist/1798


ユニーク作品販売について

会場にて2月11日(土)11時より販売いたします。
一部の作品はアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」でも2月11日(土)11時より販売開始いたします。
URL|https://oil.bijutsutecho.com/artist/1798
※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売が終了することがあります。


プロフィール



上野裕二郎/Yujiro Ueno
1996年京都府生まれ。2019年沖縄県立芸術大学美術工芸学部絵画専攻卒業。21年東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室修⼠課程修了。主な個展に「上野裕⼆郎 個展」(東京アメリカンクラブフレデリックハリスギャラリー、東京、2021)、「上野裕二郎 個展 Surge/渦動」(銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー、東京、2021)など。受賞歴に、TURNER AWARD入選(2019、2020)、第69回東京藝術大学卒業・修了作品展早暁賞受賞(2021)など。


展覧会詳細

上野裕二郎 個展 「Clash of Two Spirits ー天地の鬩ぎー」

会期|2023年2月11日(土)~2月22日(水)
※会期は変更になる場合がございます。
時間|11:00-20:00 ※最終日のみ、18時閉場
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/31395-0954420126.html


銀座 蔦屋書店

本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。

(C) 2017 Nacasa & Partners Inc. all rights reserved.

住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/


CCCアートラボ

CCCアートラボは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中で「アートがある生活」の提案をする企画集団です。わたしたちは「アートがある生活」の提案を通じて、アートを身近にし、誰かの人生をより幸せにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。これまで行ってきた、店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、わたしたちだからできるアプローチで企画提案をします。
https://www.ccc-artlab.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内