電子錠開閉システムと連携可能な顔認証アクセス制御端末「SAFR SCAN」(セイファースキャン)日本発売開始 ~2月28日から開催される「SECURITY SHOW 2023」に展示~

2023年2月20日 月曜日 1:47 PM

AI顔認証ソフトウェア「SAFR(R)」(セイファー) を展開するリアルネットワークス株式会社(本社:東京都渋谷区、アジア太平洋地区 副社長 高村徳明、以下 リアルネットワークス)は、顔認証アクセスコントロールシステム「SAFR SCAN」(セイファースキャン)を日本にて発売開始することをご報告いたします。




「SAFR SCAN」は、2023年2月28日(火)から3月3日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催される第31回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2023」のリアルネットワークス社のブースにも展示します。

■「SAFR SCAN」とは
新発売となる「SAFR SCAN」は、厚生労働省の健康保険証対応マイナンバーカードリーダーに採用された顔認証ソフトウェア「SAFR(R)」を使った、世界最高水準のアクセス制御端末です。IP65(防塵防水)、マスク対応、写真や動画によるなりすまし防止、共連れ入室防止にも対応しています。また電子錠のWeigand、OSDP、リレー出力に対応しており、既存の電子錠設備に容易に統合できます。

「SECURITY SHOW 2023」では、販売パートナーとの協業ソリューションも多数展示します。



「SAFR SCAN」主な特長

・なりすまし防止機能

顔認証システムでは、写真や動画等による「なりすまし認証」が課題の一つです。「SAFR(R)」は、カメラの前にある顔情報が生きている人間か、写真か、スマートフォンなどで再生された動画かを立体的に3次元判定することで、なりすましを防止できます。

・屋外など厳しい環境でも動作
防塵・防水保護 IP保護等級  IP65 屋外設置可能
衝撃保護等級 IK08

・端末に最大2万人まで登録可能

・暗闇でも顔識別が可能なIRセンサー内臓

・スマートフォンアプリ「SAFR Key」(セイファーキー)

このアプリは、スマートフォンを「SAFR SCAN」の二次認証に使用できます。(顔+スマートフォンの認証となります)
スマートフォンをポケットやカバンに入れているだけで、自動的に「SAFR SCAN」にBluetooth経由でモバイルクレデンシャルを送ります。
「SAFR SCAN」を「顔+モバイルクレデンシャルで認証」モードにしておくと、顔と「SAFR Key」が揃ったときにだけ解錠します。

■「SAFR SCAN」設置イメージ
ビル、マンションの入口、病院、オフィスの入退室、駅改札、駐車場の入口で車に乗ったまま顔認証で入場する、などセキュアアクセスがある場所

■スケジュール・価格
モデル:SFR-SC100(顔認証モデル)、SFR-SC200-RF(顔認証+カードリーダ)
販売開始:2023年3月
出荷開始:2023年4月(※状況によりスケジュール変更となる場合もございます)
価格:お問い合わせください

【SAFR(R)について】
「SAFR(R)」は認証速度が速いことで多数の人物の瞬時の識別を実現し、自動改札・入館ゲート等での渋滞なく認証を可能にします。高速・低遅延の5Gネットワークとの相性に優れ、ビルや工場などでの入退室(場)管理(セキュアーアクセス)、セキュリティー監視、迷子検索や徘徊の見守り(ウォッチリスト)、個人を特定しない、性別、年齢、表情などからの店舗やデジタルサイネージなどでの属性分析(デモグラフィック分析)、電子決済や、e-KYC(オンライン本人確認)など、幅広い用途に活用が容易になります。健康保険証対応マイナンバーカードリーダーにも採用されています。
(プレスリリース参照:健康保険証対応マイナンバーカードリーダーに「SAFR(R)」が採用 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000046740.html

「SAFR(R)」は画像や個人を特定できるデータではなく、数値化された顔の特徴点データのみを保持しており、そのデータから顔画像を復元することはできません。さらに、すべての画像と顔データは、AES256を用いて暗号化されています。また、「SAFR(R)」は、顔データがインターネット上で転送されないことを保証するオンプレミスモデルや、保持の期間や方法を制御できる柔軟な機能があります。
2022年11月、工業会 日本万引防止システム協会(JEAS)推奨の顔認証に認定されました。



【リアルネットワークス株式会社について】
リアルネットワークス株式会社は、アメリカに本社を置く日本法人。1995年に発売された「RealPlayer(R)」(リアルプレーヤー)のメーカとしてよく知られています。市場の生体認証ニーズの高まりから、この長年の動画再生技術を元に、ディープラーニングを用いたAI顔認証ソフト「SAFR(R)」を2017年に開発。コロナ禍において特に非接触需要が増加、顔認証の市場が急速に拡大する中、「SAFR(R)」をコアの技術としてオープンソースを使ったシステム開発/提案を頂けるインテグレーションパートナー連携など多くのチャレンジを推進。顔認証の技術は社会のDXを進める上で一つの要素技術と考え、この技術を使った、連携企業様のビジネス変革のサポートや付加価値向上を目指し、社会に貢献していきたいと考えています。

【会社概要】
商号 : リアルネットワークス株式会社
代表者 : アジア太平洋地区 副社長 高村徳明
所在地 : 〒150‐0022
東京都渋谷区恵比寿南1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル8F
事業内容: 動画再生ソフトウェア、顔認証ソフトウェアの販売、技術サポート
設立日 : 1996年11月28日
URL :https://safr.com/ja/home/

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
リアルネットワークス株式会社 PR事務局(株式会社フロントステージ)
TEL:03-6804-1751 FAX:03-6804-1752 E-mail: info@frontstage-pr.co.jp



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内