【国立科学博物館 筑波実験植物園】わずか 1 種の野生種をもとに作出された多様な園芸品種~コレクション特別公開「さくらそう品種展」のご案内~

2024年4月3日 水曜日 4:17 PM

国立科学博物館筑波実験植物園(園長:細矢 剛)は、来る 4 月 13日(土)から4 月 21日(日)まで、コレクション特別公開「さくらそう品種展」を開催いたします。 【詳細URL:https://tbg.kahaku.go.jp/event/2024/04sakura/】





サクラソウの自生地の様子
 サクラソウは、春を告げる花として日本各地に自生し、古くから親しまれてきました。
 その わずか 1 種の野生種をもとに、江戸時代から現代までに多様な園芸品種が作出されてきました。

 今年も本特別公開では、筑波大学が保有するコレクションの中から、国内屈指のさくらそう品種コレクション 100 品種以上を江戸時代から続く伝統園芸の雰囲気で展示し、作出の歴史を科学的な知見とともに紹介します。
江戸時代から受け継がれる日本の伝統園芸の粋をぜひご覧ください。

コレクション特別公開「さくらそう品種展」開催概要


1. 目 的 日本の野生サクラソウを遺伝資源として育成されてきた伝統園芸のさくらそう品種を公開し、   
         その一部を江戸時代から続く鑑賞方法で展示し、伝統園芸の奥深さを紹介します。
2. 名 称 コレクション特別公開「さくらそう品種展」
3. 主 催 独立行政法人国立科学博物館筑波実験植物園
         筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター
4. 協 力 筑波大学さくらそう里親の会、NPOつくばアーバンガーデニング
5. 会 期 令和 6年 4 月 13日(土)~令和 6年 4 月 21 日(日)計8日間
(4 月 15日(月)休園)
6. 場 所 国立科学博物館筑波実験植物園教育棟及びその周辺
7. 展 示 構 成
(1) 教育棟
  1. サクラソウとは
    さくらそう栽培の歴史、園芸品種の由来と成立についてパネル紹介
  2. 芽分け作業の様子をスライドショーで紹介
  3. 里親制度の紹介(各自宅での栽培の様子を紹介)

(2) 教育棟周辺(日本庭園周辺)
  1. 桜草花壇
    江戸時代に築かれた手法で展示(筑波実験植物園所有花壇を使用)
  2. さくらそう展示台6台
常時100品種以上を展示

伝統的な鑑賞方法「桜草花壇」

園芸品種の交配から生じる多様な色・形

国立科学博物館: https://www.kahaku.go.jp/
国立科学博物館筑波実験植物園: https://tbg.kahaku.go.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内